大事な指輪

婚約指輪は果たして必要なのか

プロポーズする時には婚約指輪を添えて、さらにそれが給料三か月分、何となく意識に残っているものですが、これらは十数年前にジュエリーショップが宣伝としてプロモーションしたものであって、特に由来があるわけでもなんでもないのです。しかしながら当時の日本は高成長期、バブル直前で懐に余裕があったからか、当たり前のように受け入れられていったのです。しかも一般的に女性は貴金属、アクセサリー類が好きですし、結婚前提のお付き合いをしている恋人からのプレゼントなら嬉しいのが当然のことなのです。 しかしながら今現在は少し状況が変わってきて、不況が続いている中で無理をしてまで婚約指輪を購入する必要はなく、それで駄目になるのなら結婚しない方がいいのです。

気持ちが一番大切なのです

そもそも結婚は最終的なゴールではなく、その後には新生活がはじまって、最初の頃は物入りで生活が大変になるのは分かりきっていることなのです。それに二人の記念の品としては結婚指輪がありますし、無理をする必要はないのです。 それでも多少は余裕がある、プロポーズに婚約指輪を添えるのが夢だったという方は、懐具合を考えて選んでいくといいです。婚約指輪の人気はやはりダイヤモンドがついたもので、その硬度から永遠の愛を意味しておりぴったりの石になっているのです。そして最低限知っておきたいのが恋人の指のサイズで、指輪は当たり前ですがサイズに合わせてオーダーしますので、合わないとサイズ直しの必要が出てくるのです。そして何よりも大切なのは愛する気持ち、それが一番重要なのです。